当日券の世界全容とクリエA公演の感想@ジャニーズ銀座2017

 

ごきげんよう。猫々です。やばいやばい。気がつけばすっかりもたもたしているうちにクリエ期間が終わってしまう。てことで今回は初めて当たった当日券の話と、いつになってもまとまらないクリエの感想を言わせてください。

 f:id:cbmn:20170523220219j:image


クリエの当日券が当たったのは5/4昼の部です。いつも通り列に並び、いつも通り当選番号が読み上げられていきます。有り難いことに私はこの日の時点ですでに2回入れていたし、今日は数稼ぎがてら並んで、その後友だちとお昼ごはん食べて帰る予定だったので、特に気負いすることなく聞き流していました。

が!当選した!

「(えっウソ?!私?!これほんとうに当たるものなんだ?!とりあえず列出ればいいの?!)」

もちろん声には出しません。そんなこと言っていい空気ではありません。

でも私は奥に並んでいたのですが、列を出て行くときに一緒にいた友だちや、見ず知らずの手前に並んでた同い年ぐらいのオタクたちがおめでとうって言ってくれたのはうれしかったです。定価以上の取引などではなく、皆同じ条件で並んでいる分だけ寛容なのかもわかりません。

①当選案内〜一次解散

いざ列を抜けてクリエのスタッフさんに案内されながら館内の入り口に案内されます。そこで口頭で名前と連絡先を伝えて、身分証明書を提示します。そして簡単にこれからの流れを説明された後、注意事項(ひとり1枚のみの購入、譲渡禁止など)、集合場所、時間が書いてある紙を渡されて解散です。

余談ですが、いつか少クラの番協に行ったときに「顔写真付き身分証明書」の提示を求められ、私が所持していた学生証(住所なし)と保険証(顔写真なし)では対応できず、免許を持っていない私は後日パスポートを持って行ったことがありました…。クリエはそこまでしなくても大丈夫なようです。

②準備諸々

一次解散してから再集合まで30分程度時間があります。手持ちがない人はここでお金を降ろしに行ったり、双眼鏡やキンブレの調達をするのアリです。その辺りはもう準備済みの人は、クリエ期間はけっこう暑くなっているので、水分補給とトイレを済ませて簡単に化粧直しをするのがベストなのではと思います。

ちなみに私は双眼鏡を友だちにお借りしました。

③再集合

再集合の時間です。クリエのポスターの前にてスタッフさんが来るので、その案内に従って当選番号順に並びます。同時にもらう座席表の紙を見ながら、キャンセル席、ボックス席、補助席のどこに入りたいかを当選番号順に選びます。

私の入った回は7列目のセンターが4.5席ガッツリ空いていたのでそこから埋まっていき、ボックス席はおじいちゃんや偉い方が来ていたので多分1席しかなく、残りは補助席といったかんじでした。

④チケット購入〜入場、着席

ここからはもう流れ作業です。希望の席をスタッフさんに伝えてそこの席のチケットを買い、そのまますぐに入場します。ここでトイレに行ったり荷物預けたりもできなくはないですが、当選番号が後ろになればなるほど時間も押すので先にやっておくべきです。あとは一般の入場と同じです。

 

私は補助席だったのですが、前の席と段差がないため背が小さい民にとってはちょっと見にくいです。(いや、もちろん入れるだけで有り難すぎるのですが!!!)ただイスには大きいクッションのようなものが付いているので、MC中はとても快適です。

個人的に開演前や終演後、隣の人などとけっこう話したりしたのが楽しかったです。「誰担ですか?」から始まったオタク日常会話で、隣「優斗担なんですけどメンカラ黄緑ってびみょうじゃないですか?黄色だと思ってました〜」私「浮所担なんですけどオレンジもマジかよって思いました。私も黄色だと思ってました〜」……的な。黄色多いな!愉快だな!

また7つ補助席があるなかで、多分担当が7人ともちがったのも「おお!」って思いました!見たかんじキンブレの色が皆ちがった気がします。スタンディングなどだとやっぱり立ち位置に同担が多くなる気がするので地味に感動。

アンコールでは藤井直樹くんと髙橋優斗くんが補助席まで来てくれたのですが、まず隣の優斗担に自分の前のスペースを譲ってハイタッチしたのを見てから、自分もちゃっかりおこぼれをもらいました♡ちなみに藤井くんのハイタッチはひとりひとりに目を合わせて「ありがとう!」「ありがとう!」ってかんじでのケンティーイズムを感じ、優斗くんは「イエイ!」「イエイ!」「イエイ!」「イエイ!」ってかんじで完全にノリのいい爆モテDKでした♡

 

そしてこれは偶然って言われたらそうなのですが、私就活生で、この日はGWにも関わらずリクルートスーツでした。それゆえか、GWにスーツ着てるぐらいだからこの辺で働くOLだとでも思われたのでしょうか…。説明会が終わって急いで電車に乗って銀座駅で降り、クリエまで走っている最中に通行人に声を掛けられました。

通行人「すみません!日比谷公園ってどっちですか?」私「(知らない!ってか今急いでるんだよ!勘弁してよ!でもとりあえず自分が向かってる方にはないと思ったので反対側を指して)あっちです!!!」通行人「ありがとうございます!」ここで別れたものの、数歩歩いたところに「日比谷公園→」の看板。………やばい。逆だった…。走って戻って、さっき聞いてきた人のところまで行って「すみません…逆でした…」と謝罪し「あそこに看板があります!」と伝えました。そうしたらお礼の後に、「就活生?がんばってください!」って言われました。バレた。そしてがんばります(泣)

という道案内のくだりはどうでもいいのですが、何が言いたいかというと、運とはいえ、徳は積んでおくべきだよ!!!ってことです。

 

今年のクリエ期間も残り短くなりましたが、これを見てくれた皆さんが当たることを願っています!ほんとうに!

以上、クリエ当日券の話でした!

 

-------✂︎-----キリトリ-------✂︎-------

 

ここからはざっくり公演の感想です。初めこそこちらをメインに書こうと思っていたのですが、内容がうすい上にいつになってもまとまらず、おまけのような扱いになってしまいました…。せっかく書いたので公開させてください…。

 

f:id:cbmn:20170523220455j:image

 

まず、クリエって1年でいちばんってぐらい楽しくないですか?!

倍率と相場はクソだけど、大好きなコたちを90分ほとんどずっとメインで歌ったり踊ったりしてる姿が見られるのは貴重すぎると思いませんか?!(泣)

そして今回のHiHiJet、東京B少年のクリエA公演、語彙力のカケラもない表現ですが、すべてがキラキラフレッシュでまぶしくて、楽しいしかなかったです(泣)こんな感覚いつぶり…。あの年代のコたちにしか作り出せないキラキラ、そんななかでふと感じる儚さがたまらなかったです(泣)

 

中でもいちばんのお気に入りは『少年のまま』一択冒頭の浮所くんのソロパート…(泣)初日、後半戦も終盤に差し掛かり、楽しくて可愛い世界に飲まれて完全に油断してたところに少年のまま、浮所くんのソロ(泣)しかも歌うまくないですか?!失礼ながら、勝手に想像していたよりもぜんぜんうまかったです(泣)且つ、歌声が可愛かったです(泣)過去にJ.Jやなにわ皇子も歌っていたような、あの年代のコたちにしか合わないような歌詞、儚いキラキラ感が大好きすぎます。

そして皆さんご存知、「チカヅキタイ」に殺されました。Mステのときも言ったけれど、10年前に当時の自担で湧きまくったチカヅキタイを10年越しに現在の自担から聞けるとは思いませんでした(泣)初日、腰砕けて変な声出ました。

そしてそしてMC、中高生男子のおしゃべりが聞ける機会なんて普段絶対にないのでめっちゃ楽しかったです!!!!!それだけ。

 

総じてB少年、ときどき早替えが間に合ってなかったり、MCに入っていくタイミングが掴めていなかったり、幕に食われそうになったりと、まだまだ不慣れ感も否めなかったけれどそれもそれでフレッシュで可愛いです(甘)そしてそんなB少年を甲斐甲斐しくお世話してくれる、HiHiJetがびっくりするぐらいかっこいいんです(驚)

私今回、入所7.8年めの井上瑞稀くんと橋本涼くん、メンバーチェンジはあったものの、かれこれ結成1年半経つHiHiJetを初めてのカッコいいと思いました。というか、初めてちゃんと見た気がします。特にはしみず先輩に関しては、小学生のころからGWや夏休みは社畜期間と化し、ワンシーズンに何公演も掛け持ちしながら自分たちだって小さいのに後輩のお世話もして、今思えばハイハイになってからはローラーの傍ら、Mr.KINGに付き合ってバトンまでやって……まったくすごい子どもたちすぎます。優斗くんのことは、白い、二宮チルドレン、アイランドのときもインフルエンザでお休みしていたから体の弱いコなのかな?的な印象しかなかったのですが、皆さまの言う通り、リア恋枠DKでした…。ギャップの塊。MC引っ張る姿は惚れるしかない。猪狩部長は残念ながら怪我でお休みでしたが、彼が最高なのは重々知っています。去年の夏のハイハイコールのインパクトは忘れません。ハイハイ、知れば知るほど沼で参ってます。ぜひこれからは頼れる仕事人としてだけではなく(私が勝手にしていただけ)B少年と一緒に、キラキラアイドルになっていってほしい限りです。

 

…あれ、私少年のままの話とハイハイの話しかしてなくない?そうなんですよ。だって少年のままのソロパートのことも、ハイハイがこんなにかっこいいことも初知りだったんですよ(泣)逆にB少年がキラキラまぶしくて、ぐんぐん成長していく姿が愛おしさと少しの儚さなことなんて、公演入る前から知っていたし今さら言うことはありません(泣)強いて言うなら、ますますB少年が大好きになりました(泣)最後になりますが、楽しい春をありがとうございました♡まだまだ始動したばかりの東京B少年及びHiHi B少年、夏も期待しています♡

 f:id:cbmn:20170523220653j:image

【実録】東京B少年3人に遭遇しました

 

ごきげんよう。猫々です。我ながらこんなに早く次のブログを更新することになるとは思っていなかったです。クリエの感想ですらまだまとめきれてないのに(泣)今回は自分の備忘録も兼ねて5月12日の午後にテレビ朝日に向かう東京B少年の浮所飛貴くん藤井直樹くん佐藤龍我くんに遭遇したお話を書きました。実録にちょこちょこ私の感想を挟んでお届けします。

ちなみに前回もちょこっと書いたのですが、自担浮所くんは街中で見るの2回目です(泣)そのときは二日酔いだったか課題が終わらないだったか遅くまでDSやっていたか、もはや思い出せないレベルのクソな理由でクソなコンディションだったので、話しかけたりしませんでしたが、今回はお三方とわずかながらお話してきました!


私「(えっ?!あそこにいるの浮所くん?!あれ?!だれかといる?3人…?!友だちかな…あっ小柄な方は藤井くんじゃないか?!もうひとりは…龍我くん?!?!あっ今日Mステだ!!!)」

 

ちなみに服装は、浮所くんは制服ポロシャツverにマスクとオレンジのトートバッグ。噂のイーストボーイのカーディガンはなし。

まず平日の見学や遭遇だといつも制服で現れる浮所くんめっちゃ愛おしくないですか?トートはメンバーカラーがオレンジだからオレンジ色何ですかね…?だとしたら可愛いすぎませんか…?

藤井くんは白地に黒で何かのマークが描いてあるかんじのダボダボTシャツに黒のバスパンとベレー帽。

ベレー帽っていうチョイスがとてもセンスを感じません?メンバーなどに「藤井くんはオシャレ」って言われるのがちょっとわかる気がします。

龍我くんは龍の刺繍が入ったスカジャンに黒のスキニーパンツ。

 龍我くんは服はイカツめなのに、めっちゃベビーフェイスでした。待って龍我くん、何そのギャップ…。そしてとにかく脚が長い。脚が長い人の黒スキニーは反則だってば…。

 

今回声かけられたのは藤井くんがいたのが大きいです。なーくんの親しみやすさはやばい。だってやっぱり制服の男子高校生やイカツめのスカジャン着てる人に声かけるのはちょっとためらってしまうよ…。

私自身が小さいからっていうこともあるかもしれないけれど、藤井くんは思っていたより小さくなかったし、浮所くんと龍我くんは小顔でスラッとしたカッコいいお兄さんでした。

そしてついに、とてもとても迷いましたが、周りに私の他にジロジロ見てる人いないし、3人和やかな空気だったこともあり、勢いで声をかけに行きました!!!

 

私「違ったら申し訳ないんですけれど、東京B少年の方たちですよね?」
「あっそうです!」
(うわあ......やっぱりそうだ…)


私「今日Mステですよね?これからリハですか?」
「そうです!」
(当たり前ながらほんとうに出るんだあ......)

 

私「あの…Twitterで言ったりしないので今日何歌うんですか?」
「それは楽しみにしててください!」
(ですよね!100点満点の回答です!)


「てか!座りますか?」(3人ともそわそわ席を立ってくれようとする)
私「えっ?!大丈夫です大丈夫です!次で降りますので…」(座っててくださいのジェスチャー)
(これはヤバイ。老婆でも妊婦でもないのに席を譲られそうになったよ(笑)そりゃあキミたちよりはちょっとおねえさんだけれども(笑)でもお気づかいありがとう。優しいコたちでほっこりしました。)

 

私「それよりいつもほんとに応援してます!クリエも行きました!」
「ありがとうございます!」
(おっ!ってかんじの目でしてお礼くれました。伝えられてよかったです。)

 

…(沈黙)…(この空気は申し訳ない…そろそろ去った方がいいかな)

 

「夏もまた会えるの楽しみにしています!」
私「うぉっ!そんなそんな!こちらこそです!」
(いきなりのアイドル発言びっくりした!!!プライベートでそんな言葉出てくるとかこのコのアイドル力すごすぎる………)

 

私「えっと握手してもらっても大丈夫ですか?」
の順番で握手
私「いきなり声かけてすみませんでした(><)ありがとうございました!」

 

以上です。何このピュアさ…。感動…。いきなり話しかけたのに対応してくれてほんとうにうれしかったです。ありがとうございました♡

 

感想はまだまだいっぱいあるけれど、キリがないので会ったときに聞いてください(笑)実際に書き始めたらうざいレベルのボリュームになってしまったゆえ割愛です。むしろ話したいので飲みに誘ってください(泣)

最後に声を大にして言いたいのは、東京B少年、ファンのこと有り難く思ってくれているよ!!!ってことです(泣)言うてまだ歴も浅くてジュニアの活動も大変だろうし、勉強との両立であったり、同級生からの目であったりと学校のことも大変だろうけれど、フレッシュさと努力できる才能を武器に、彼らがこれからもっともっとステキなアイドルになっていく過程を見守りたいです。

 f:id:cbmn:20170513005829j:image

タモリさんの隣に座ってるの胸熱すぎるな

担降りしました

 

ごきげんよう。猫々です。この度ついにはてなブログ開設してしまいました。噂の担降りブログでございます。ちなみに何回やっても慣れないものの、かれこれ担降りブログは3回めです。1回めはmixiの日記、2回めはデコログでやった気がします。時代を感じる....。

 

そもそも皆がどうなのかはわからないけれど、いつも私の担降りは新しいコを好きになることからというより、今まで好きだったコに飽きるところから始まります。

 

今回の場合を超ざっくり書くと、私の自担は先日まで平野紫耀くんでした。2013年の関西ジュニアが大好きでした。なにきんが大好きでした。そんななにきんは、まず金内くんの退所、その後平野くんと永瀬くんが引き抜かれて上京したことで解体となりました。東京でMr.KING vs Mr. PRINCEというユニットを組み、(申し訳ないが私は「なにきんが好きだから」というのを抜きにしてもキンプリは最初から最後まで好きにはなれなかったけれど)一気にデビューまで行くのかと思いきや、待てど暮らせどデビューしないままかれこれ約2年。平野くんにというか、平野くんを取り巻く環境に変化がない………。飽きた………。もう待ちくたびれた………。やばいオタク楽しくないかも………。

 

このブログはそんなときに浮所くんの沼に落っこちてしまうまでのお話です。


遡れば浮所くんを知ったのは去年の夏のサマステKING公演の初日。ジャニワのときには4人だったHiHi JETが8人に増えていました。今までの4人と髙橋優斗くん、作間龍斗くん、五十嵐玲央くんと

 「あとひとり、だれだ………?」

 って思ったのが多分最初です。
しっかり顔を認知はできなかったけれど、可愛くてキラキラしてるかんじはなんとなくわかりました。

 直後「増員されたハイハイの中に平野くんに似てるコがいる」「春のMステで紹介された研修生のセンターだったらしい」みたいな話を小耳に挟むようになり、平野担だった私、その「あとひとり」にどんどん興味を持ちました。

 矢先、Twitterで浮所くんがゴゴスマに出たときのステマTLのようなものを発見し、詳細を知りました。

中高一貫の私立男子校、テニス、乗馬、バイオリンetc。何このロイヤル感…やばくない?想像以上に顔可愛くない?

そして初々しすぎる笑顔が、たしかに関西Jr.だったころの、ジーコととうまの間で笑っていた紫耀くんに似ている気がしてしんどかった……(泣)

 f:id:cbmn:20170510142434j:image

 (そもそもNoisyGuysが何なんだか未だにわからない...)

ただ、まだこのときは推しのひとり程度なかんじです。

このときは秋には博多と大阪でジャニーズフューチャーワールドが待っていたので、初座長の平野くんを応援することがなんとなく使命でした。

また、舞台を通じて(結局何もなかったけれど)平野くんを取り巻く環境が変わる(デビューに繋がる)と信じていたこともあり降りることは全く考えていませんでした。

 

秋は現場こそありませんでしたが、1度街中で遭遇しました。浮所くん制服着ていたし、何よりこちら側のコンディションがクソだったので声かけたりはしませんでしたが、無防備に居眠りしていてすごく可愛かったです(泣)(泣)(泣)近くで見た横顔がとても平野くんに似てると思いました。っていうただの思い出話。

 直後、ザ少年倶楽部It's SHOWBIZが放送されました。これにハマり、現在に至るまで擦り切れるほどリピートしてます!!!!!浮所くんの顔が可愛いのはもちろん、まだそのときは東京B少年というユニット名はなかったし、そもそもあの時点でユニットだったのかもわからないけれど

赤シャツに黒ジャケの5人がまるっと推せました!!!!!
それこそ流行りの、本能レベルで!!!

浮所くんの名前クレジットが最後まで出ないのはマジかよ案件だったけどな(泣)とか言いつつ、この時点でも目線はまだ客観的。

いい加減何様だよ案件だけれど、平野担でいることがまだ自分のアイデンティティでした。

 

冬が来ました。ジャニーズオールスターズアイランドの季節です。東京B少年が結成されました。しかしまだこの時点でもあまり入り込んでなくて「あのSHOWBIZのコたちでユニットになれたのか!」的なかんじ。

肝心の舞台に関しては、実は初日しか行っていないため、ほとんど印象がないです(泣)

今となってはもっとちゃんと観ておけばよかったとけっこう後悔(泣)単純に秋ちょっとがんばった故お金がないのと、舞台自体つまらなかったから増やそうと思えなかった………
この頃はオタクすることに疲れていました。もう平野くんを見に行く気力もなければ、数ヶ月前に本能レベルで沸いたとか言ってた浮所くんのことも忘れているに近しい状態でした……

 

さて。そんなこんなでも月日は流れて春が来ました。ジャニーズJr.祭り季節です。

飽きただなんだと言っていてもとりあえずの流れで申し込んだJr.祭りですが…
もちろんターニングポイントはここです(泣)(泣)(泣)
まだ降りまではしなくても今B少年気になってるって人の大半がここでしょ??!!

3月24〜26日ジャニーズJr.祭り@横アリ、Mr.KINGより東京B少年を双眼鏡で追っていました。そしてB少年のなかでも浮所くんを追っていました。

久しぶりにちゃんと見た浮所くん、やっぱり顔が可愛い。夏に見つけたときのこと、秋に街中で見たときのこと、It's SHOWBIZにハマったときのことを思い出しました。(冬の思い出がないのが悲しい...)ワンコのような笑顔で歌って踊って、楽しそうに外周をダッシュしていました(泣)ああ…愛おしいだよ………(泣)

余談ですが、私の歴代担当を見ていると浮所くんより那須くんの方が好きそうって言われること多々あります。客観的に考えると自分でもそんな気がします。けれどそれはもうご縁ってやつです。

結成されて数ヶ月の、コンサートは初めての東京B少年、新しい風をビュンビュン吹かせていました。

ここ数年閉鎖的だったジャニーズJr.界隈に、あのフレッシュさはまぶしすぎました。B少年、浮所くんに間違いはないと思いました。

そして浮所くんだけでなく、メンバーがみんな可愛い。顔も可愛いし、雑誌などを漁れば漁るほど、中身も可愛いのが伝わってきました。Jr.担の箱推しは危ないのはわかっているけれど、やっぱり箱推ししたいです(泣)

ここからはもう、日々Twitterなどで検索かけたり、少クラ春休みスペシャルでの浮所くんの可愛いさに撃沈したり、さいたま公演でも沸いたりしたそのままの勢いで浮所担に転げ落ちました。最後は結局勢いです。おかげさまで今、毎日がほんとうに楽しいです。クリエもほんとうに楽しかったし、夏がいつになく楽しみです。それに、オタクが楽しいだけで関係ないところまで充実した気分になるから浮所くんの威力はすごいです。

 

浮所担になるまでの話は以上です。ご静聴ありがとうございました。ここからはちょっとした余談になります。

 

まず担降りを受け入れてくれた今まで仲良くしてくれていた方、うれしかったです♡浮所担になってから知り合った方、これから現場などで一緒にワイワイできたらうれしいです♡

また私もそうだったように、かれこれ5年も停滞している自担に、ジャニーズJr.界隈に、うんざりしながらもオタクしている人、多いのではないかと思います。

そんな中、東京B少年やその近辺の中高生に興味はあるけれどハマるのはいかがなものかと思っている人、多いのではないかと思います。

「今の担当が自担であることがアイデンティティ」になっている人もいると思います。ちなみに私はこのパターンでした。けれど………

何はともあれオタクは楽しくやるものです!!!

義務になってしまってはお金も時間ももったいないし、楽しさ半減、むしろムダに疲れます。

たまに「年齢差乙……」と思うこともなくはないですが、楽しんでいるうちにそんなことはわりとどうでもよくなります。
掛け持ちでもぜんぜんいいですし、そもそも担当を名乗らないと応援したらいけない、降りたらもう好きでいたらいけないなどのルールはないです。

それでも私のようにその辺りにこだわってしまう人のアイデンティティ(掛け持ちできない)問題については、結論から言えば降りてしまうことを推奨します。

(私もオタクをしていて3年に1度ぐらいの頻度でぶつかる問題なのでえらそうなことは言えませんが、結果は毎回思い切ってしまった方が楽しくなっていますよ♡)

 

今も平野くんを取り巻く環境が嫌いなだけで、平野くんのことは大好きです!何なら彼氏にしたいジャニーズJr.ランキング1位です。ワンナイトしたいジャニーズJr.ランキングも1位です。初主演映画おめでとうだし、公開楽しみにしています。これでいいじゃないですか!

 

余計なおせっかいを書いてしまいましたが、少しでもB少年やその近辺に惹かれているみなさん、踏み込もうか迷ってるみなさん、こちら側でお待ちしてます♡お互い楽しいオタクライフを送りましょう♡

f:id:cbmn:20170510141929j:image